目の下のたるみに効果的なマッサージ

手軽なツボ押しマッサージから始めた

目の下がたるんでいるせいで疲れて見える手軽なツボ押しマッサージから始めた地道な努力が身を結ぶ

自分の場合はパソコンを使うことが多く、目が疲れやすいためそれが原因でたるんでいるのだと判断しました。
目が疲れていると目の周りの血流やリンパ液の流れが悪くなります。
そうすると老廃物などが溜まりやすく眼精疲労などに繋がり、たるみやすくなると考えられているのです。
そんな目の疲れに対しては、蒸しタオルを当てたり、一時間ごとに休憩するなどの対策を取っています。
しかし、それだけではいまいち目の疲れが取れている実感はなく、マッサージも加えることにしました。
やり方としては、まず簡単にできるツボ押しマッサージを行っています。
休憩時間などに、目頭に人差し指の腹を当て、目尻の斜め下の骨のくぼみにある救後というツボを通って、目尻に向かって軽く押していきます。
これを五回程度繰り返します。
また、目の下の骨のすぐ上にある承泣というツボも押していきます。
あまり強く押さずに気持ちいい程度の力でマッサージすることがポイントです。
これに加えて、お風呂に入っているときはシャンプーと同時に頭皮マッサージも行っています。
頭皮が硬いと目全体がたるんでしまったり、シワの原因になるとされています。